DONGGUAN YIHEDA AUTOMATION CO.,LTD.
DONGGUAN YIHEDA AUTOMATION CO.,LTD.
Jan 21,2019

スクリューフィーダの構造特性

スクリューフィーダの駆動端軸受とテールベアリングは、材料溝のシェルの外側に配置され、軸受のダストの影響を軽減し、スクリューフィーダのキー部の耐用年数を向上させる。スライディングベアリングはスクリューフィーダのサスペンションベアリングに使用し,防塵シール装置を設置した。スクリューフィーダのシール部にナイロンやプラスチックを使用しています。したがって、シール性が良好で耐摩耗性が強く、抵抗が小さく、耐用年数が長い。スクリューフィーダのすべり軸受の軸受ブッシュは粉末冶金,ナイロン及びbabbitt合金を持つ。それは別のニーズに応じて選択することができます。スクリューフィーダの入口と出口の柔軟なレイアウトは、より適応的になり、ユーザーによって認識されている。

Theスクリュー送り機駆動装置、ヘッド部、中間部、尾部、ヘッド・テール軸受、給排装置等で構成される。条件が成立すれば、駆動装置と排出口がヘッド部(スラストベアリング組立体)に合理的に取り付けられているので、駆動装置を放電端に配置するのが良いので、スクリューを張力装荷状態にすることができる。頭、中央、尾の各部分は、いくつかの異なる長さを持っています。螺旋コンベアの各スパイラル部の配列順序は、スパイラル部の長さに応じて螺旋部を配置し、同一仕様のスパイラル部をまとめて配置する原理に従う。インストールは頭から始まり、順番に進みます。スクリューフィーダの一般的な配置においては、ベースジョイントとコンセントをシェルジョイントのフランジに配置しないように注意しなければならない。